マトリクソームとは

生体内の細胞の性質や挙動や運命が、細胞と細胞外環境との相互作用によって決定されており、その相互作用全体を指す概念として、大阪大学蛋白質研究所・関口清俊教授が提唱する造語です。

株式会社マトリクソームは、このような概念のもと、マトリクソームの研究およびマトリクソームを活用した研究を行う会社として設立されました。

株式会社マトリクソームは、日本発のラミニンE8断片技術とマトリクソームの考えを世界に発信し、再生医療の実現と発展に寄与していきたいと考えています。