FAQ


iMatrix-511, iMatrix-511 silk

Q1. 製品はどのような状態で販売されていますか?

A1. 液状で販売しております。
1本のチューブに 175 μgの細胞培養基質(ラミニン511-E8フラグメント)が 0.5 mg/mLの濃度で封入されています。
     
※iMatrix-511の凍結乾燥品は、2015年3月を持ちまして、メーカー生産終了となっております。

Q2. 製品の保存温度と有効期限はどのくらいありますか?

A2. 製品の保存温度は 2-15 ℃の冷蔵保存です。(推奨 4 ℃)
製品の有効期限は、下表をご参照ください。

製品 保管期限
iMatrix-511 製造後2年間
iMatrix-511silk 製造後2年間
iMatrix-511MG 製造後2年間

※ 具体的な有効期限は製品外箱に記載しております。

Q3. 凍結保存可能ですか?

A3. 凍結保存はできません。

Q4. 製品の純度はどの位ですか?

A4. 純度は95%以上です。

Q5. hES/hiPS細胞の培養に使用する場合に最適な培地は何ですか?

A5. 宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)、(Scientific Reports, 7, 41165, 2017)
では、下記のものが使用されております。
・mTeSR1,TeSR2,TeSR-E8 (STEMCELL Technologies)
・StemProhESCSFM (Thermo Fisher Scientific)
・StemFitAK03 (Ajinomoto)

中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 1-7, 2014)では、下記のものが使用されております。
・StemFit (Ajinomoto)

いずれも良好な結果であったことが記載されております。

Q6. iPS細胞培養時の最適なコーティング濃度はいくつですか?

A6. 最適なコーティング濃度は、細胞株によって異なります。
初めに0.5 μg/cm2 からお試し頂き、0.1 ~ 1.5 μg/cm2 の間で、ご使用になる細胞株に最適な濃度をご検討ください。

また、コーティングをしない添加法も新たに発表されました。方法はこちらをご参照ください。
Miyazaki et al. Scientific Reports, 7, 41165, (2017)

Q7. iMatrix-511を使用した場合の、iPS細胞の培養プロトコルを教えてください。

A7. iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンクをご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)
拡大培養プロトコル) 
継代操作の動画

Q8. iPS細胞の培養時にRock Inhibitor(Y-27632)は必要ですか?

A8. 中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)では、継代時のみRock Inhibitorを添加し、 培地交換の際には使用しないプロトコルが紹介されております。

Q9. iPS細胞培養の際にシングルセルでの継代が可能ですか?

A9. 可能です。

※iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンク先をご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)

拡大培養プロトコル

継代操作の動画

あるいは、中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)をご参照ください。

Q10. 継代時の細胞剥離液には何を使用していますか?

A10. トリプシンをご使用ください。

※iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンク先をご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)

拡大培養プロトコル

継代操作の動画

あるいは、中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)をご参照ください。

Q11. マウスのiPS細胞には使用できますか?

A11. マウスiPS細胞の培養データがないため、お答えすることができません。

Q12. マトリゲルとの違いは何でしょうか?

A12. マトリゲルには、マウスEHS肉腫由来のラミニン-111が含まれています。またラミニン以外の分子も含まれています。
iMatrix-511は、CHO-S細胞で発現させたラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。
iMatrix-511silkは、カイコが産生した繭でラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。

ヒトES細胞やiPS細胞は、細胞膜受容体(特にα6β1インテグリン)を介してラミニン-511に接着することが知られています。
ヒトES細胞やiPS細胞はラミニン-511に対して高い接着活性を示すことが知られています。このことが、iMatrix-511 / iMatrix-511silkでiPS細胞をシングルセル状態にして継代することを可能にしています。

宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)では、5継代後(30日後)の細胞数の拡大効率はマトリゲルの約200倍以上となっています。

Q12. マトリゲルとの違いは何でしょうか?

A12. マトリゲルには、マウスEHS肉腫由来のラミニン-111が含まれています。またラミニン以外の分子も含まれています。
iMatrix-511は、CHO-S細胞で発現させたラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。
iMatrix-511silkは、カイコが産生した繭でラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。

ヒトES細胞やiPS細胞は、細胞膜受容体(特にα6β1インテグリン)を介してラミニン-511に接着することが知られています。
ヒトES細胞やiPS細胞はラミニン-511に対して高い接着活性を示すことが知られています。このことが、iMatrix-511 / iMatrix-511silkでiPS細胞をシングルセル状態にして継代することを可能にしています。

宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)では、5継代後(30日後)の細胞数の拡大効率はマトリゲルの約200倍以上となっています。

Q13. iMatrix-511は海外でも購入できますか?

A13. 海外にあります代理店から購入することができます。
海外の代理店情報はこちらのページをご参照下さい。

iMatrix-411

Q1. 製品はどのような状態で販売されていますか?

A1. 液状で販売しております。
1本のチューブに 175 μgの細胞培養基質(ラミニン411-E8フラグメント)が 0.5 mg/mLの濃度で封入されています。

Q2. 製品の保存温度と有効期限はどのくらいありますか?

A2. 製品の保存温度は 2-15 ℃の冷蔵保存です。(推奨 4 ℃)
製品の有効期限は、下表をご参照ください。

製品 保管期限
iMatrix-411 製造後2年間

※ 具体的な有効期限は製品外箱に記載しております。

Q3. 凍結保存可能ですか?

A3. 凍結保存はできません。

Q4. 製品の純度はどの位ですか?

A4. 純度は95%以上です。

Q5. hES/hiPS細胞の分化培養に使用する場合に最適な培地は何ですか?

A5. 太田らの論文(Scientific Reports, 6(35680), 1-12, 2016) では、iPS細胞を血管内皮細胞に分化誘導する際に、下記のものが使用されております。
・Stempro34 SFM (Life Technologies)

高山らの論文(Biochemical and Biophysical Research Communications, 474(1), 91-96, 2016)では、iPS細胞を胆管細胞に分化誘導する際に、下記のものが使用されております。
・ReproStem (REPROCELL)

Q6. iPS細胞培養時の最適なコーティング濃度はいくつですか?

A6. 最適なコーティング濃度は、細胞株によって異なります。
初めに0.4 μg/cm2 からお試し頂き、0.1 ~ 1.5 μg/cm2 の間で、ご使用になる細胞株に最適な濃度をご検討ください。

Q7. iMatrix-411を使用して、iPS細胞から分化させるプロトコルを教えてください。

A7. 太田らの論文(Scientific Reports, 6, 35680, 1-12, 2016) では、iPS細胞から血管内皮細胞へ分化誘導しておりますので、ご参照ください。

高山らの論文(Biochemical and Biophysical Research Communications, 474, 1, 91-96, 2016)ではiPS細胞から胆管細胞へ分化誘導しておりますので、ご参照ください。

Q8. マウスのiPS細胞には使用できますか?

A8. マウスiPS細胞の培養データがないため、お答えすることができません。

Q9. マトリゲルとの違いは何でしょうか?

A9. マトリゲルには、マウスEHS肉腫由来のラミニン-111が含まれています。またラミニン以外の分子も含まれています。
iMatrix-411は、CHO-S細胞で発現させたラミニン411-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。

iPS細胞は、細胞膜受容体(特にα6β1インテグリン)を介してラミニン-411に接着することが知られています。

太田らの論文(Scientific Reports, 6, 35680, 1-12, 2016) をご参照ください。

Easy iMatrix-511, Easy iMatrix-511silk

Q1. 製品はどのような状態で販売されていますか?

A1. 液状で販売しております。
1本のボトルに 100 mLの細胞培養基質(ラミニン511-E8フラグメント)が 1.6 μg/mLの濃度で封入されています。
     

Q2. 製品の保存温度と有効期限はどのくらいありますか?

A2. 製品の保存温度は 2-15 ℃の冷蔵保存です。(推奨 4 ℃)
製品の有効期限は、下表をご参照ください。

製品 保管期限
Easy iMatrix-511
Easy iMatrix-511silk
Lot.001は、製造後6ヶ月間
Lot.002以降は、製造後1年間

※ 具体的な有効期限は製品外箱に記載しております。

Q3. 凍結保存可能ですか?

A3. 凍結保存はできません。

Q4. hES/hiPS細胞の培養に使用する場合に最適な培地は何ですか?

A4. 宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)、(Scientific Reports, 7, 41165, 2017)
では、下記のものが使用されております。
・mTeSR1,TeSR2,TeSR-E8 (STEMCELL Technologies)
・StemProhESCSFM (Thermo Fisher Scientific)
・StemFitAK03 (Ajinomoto)

中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 1-7, 2014)では、下記のものが使用されております。
・StemFit(Ajinomoto)

いずれも良好な結果であったことが記載されております。

Q5. iPS細胞培養時の最適な使用量を教えてください。

A5. 6 ウェルプレートの1 ウェル( 9.6 cm2 )に対して、1.5 mLの本製品を使用した場合に、iMatrix-511の濃度が0.25 μg/cm2になります。

Q6. iPS細胞の培養時にRock Inhibitor(Y-27632)は必要ですか?

A6. 中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)では、継代時のみRock Inhibitorを添加し、 培地交換の際には使用しないプロトコルが紹介されております。

Q7. iPS細胞培養の際にシングルセルでの継代が可能ですか?

A7. 可能です。

※iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンク先をご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)

拡大培養プロトコル

継代操作の動画

あるいは、中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)をご参照ください。

Q8. 継代時の細胞剥離液には何を使用していますか?

A8. トリプシンをご使用ください。

※iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンク先をご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)

拡大培養プロトコル

継代操作の動画

あるいは、中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)をご参照ください。

Q9. マウスのiPS細胞には使用できますか?

A9. マウスiPS細胞の培養データがないため、お答えすることができません。

Q10. マトリゲルとの違いは何でしょうか?

A10. マトリゲルには、マウスEHS肉腫由来のラミニン-111が含まれています。またラミニン以外の分子も含まれています。
iMatrix-511は、CHO-S細胞で発現させたラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。
iMatrix-511silkは、カイコが産生した繭でラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。

iPS細胞は、細胞膜受容体(特にα6β1インテグリン)を介してラミニン-511に接着することが知られています。
α6β1インテグリンはラミニン-511に対して高い接着活性を示すことが知られています。このことが、iMatrix-511 / iMatrix-511silkでiPS細胞をシングルセル状態にして継代することを可能にしています。

宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)では、5継代後(30日後)の細胞数の拡大効率はマトリゲルの約200倍以上となっています。

Quick iMatrix-511, Quick iMatrix-511silk

Q1. 製品はどのような状態で販売されていますか?

A1. コーティング済プレートの状態で販売しております。

6 wellプレートの上半分に細胞培養基質(ラミニン511-E8フラグメント)がコーティングされています。

Q2. 製品の保存温度と有効期限はどのくらいありますか?

A2. 製品の保存温度は 2-15 ℃の冷蔵保存です。(推奨 4 ℃)
製品の有効期限は、下表をご参照ください。

製品 保管期限
Quick iMatrix-511
Quick iMatrix-511silk
製造後6ヶ月間

※ 具体的な有効期限は製品外箱に記載しております。

Q3. 凍結保存可能ですか?

A3. 凍結保存はできません。

Q4. hES/hiPS細胞の培養に使用する場合に最適な培地は何ですか?

A4. 宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)、(Scientific Reports, 7, 41165, 2017)
では、下記のものが使用されております。
・mTeSR1,TeSR2,TeSR-E8 (STEMCELL Technologies)
・StemProhESCSFM (Thermo Fisher Scientific)
・StemFitAK03 (Ajinomoto)

中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 1-7, 2014)では、下記のものが使用されております。
・StemFit(Ajinomoto)

いずれも良好な結果であったことが記載されております。

Q5. Quick iMatrix-511 / Quick iMatrix-511silk のコーティング濃度はいくつですか?

A5. プレートのウェルには、0.25 μg/cm2 の濃度でiMatrix-511 がコーティングされています。

Q6. iPS細胞の培養時にRock Inhibitor(Y-27632)は必要ですか?

A6. 中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)では、継代時のみRock Inhibitorを添加し、 培地交換の際には使用しないプロトコルが紹介されております。

Q7. iPS細胞培養の際にシングルセルでの継代が可能ですか?

A7. 可能です。

※iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンク先をご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)

拡大培養プロトコル

継代操作の動画

あるいは、中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)をご参照ください。

Q8. 継代時の細胞剥離液には何を使用していますか?

A8. トリプシンをご使用ください。

※iMatrix-511を使用した、ES/iPS細胞の拡大培養プロトコル、継代操作の動画は下記のリンク先をご参照ください。(リンクは外部サイトに移動します。)

拡大培養プロトコル

継代操作の動画

あるいは、中川らの論文(Scientific Reports, 4(3594), 2014)をご参照ください。

Q9. マウスのiPS細胞には使用できますか?

A9. マウスiPS細胞の培養データがないため、お答えすることができません。

Q10. マトリゲルとの違いは何でしょうか?

A10. マトリゲルには、マウスEHS肉腫由来のラミニン-111が含まれています。またラミニン以外の分子も含まれています。
iMatrix-511は、CHO-S細胞で発現させたラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。
iMatrix-511silkは、カイコが産生した繭でラミニン511-E8フラグメントを高純度に精製した組換えタンパク質です。

iPS細胞は、細胞膜受容体(特にα6β1インテグリン)を介してラミニン-511に接着することが知られています。
α6β1インテグリンはラミニン-511に対して高い接着活性を示すことが知られています。このことが、iMatrix-511 / iMatrix-511silkでiPS細胞をシングルセル状態にして継代することを可能にしています。

宮崎らの論文(Nature communications, 3(1236), 1-10, 2012)では、5継代後(30日後)の細胞数の拡大効率はマトリゲルの約200倍以上となっています。