関口 清俊 先生が令和2年度全国発明表彰を受賞しました。

関口清俊 先生が令和2年度全国発明表彰を受賞しました。

【 未来創造発明賞 】再生医療用多能性幹細胞の培養基材の発明(特許第5590646号)
全国発明表彰は、大正8年(1919年)の第1回帝国発明表彰にはじまり100年以上の歴史をもつ賞です。
受賞の対象となった培養基材(ラミニンE8断片)の研究成果は弊社のiMatrix製品に応用され、再生医療分野をはじめ様々な研究に利用されております。
関口先生は当社の設立メンバーでもあり、現在も役員としてご活躍しております。
関口先生 受賞おめでとうございます。

【公益社団法人 発明協会 発表】令和2年度全国発明表彰 受賞者の発表について
【大阪大学共創機構 発表】関口清俊 寄附研究部門教授が全国発明表彰「未来創造発明賞」を受賞