再生医療の発展と実現に貢献する“マトリクソーム”

大阪大学発表:「世界初、iPS細胞から作製した角膜上皮細胞シートの第1例目の移植を実施」

iMatrix-511MG
iMatrix-511MG製品のお問い合わせは こちら

iMatrix-511はiPS細胞を維持・拡大培養する際、足場タンパク質として培養基材にコーティングして使用する。しかし、iPS細胞以外にもiMatrix-511を足場とする細胞があり、角膜上皮細胞はその一例になる。

移植で使用された角膜上皮細胞シートはまさにこの技術が利用されている。

 

ラミニン-511E8断片の高純度精製品であるiMatrix-511には、生物由来原料基準適合の臨床グレード品”iMatrix-511MG”がある。


iMatrix-511の参考論文 

Co-ordinated ocular development from human iPS cells and recovery of corneal function
Ryuhei Hayashi et al. Nature. 2016 Mar 17; 531(7594):376-80.
PMID: 26958835

Selective Laminin-Directed Differentiation of Human Induced Pluripotent Stem Cells into Distinct Ocular Lineages
Shun Shibata et al. Cell Rep. 2018 Nov 6; 25(6):1668-1679.e5.
PMID: 30404017

Coordinated generation of multiple ocular-like cell lineages and fabrication of functional corneal epithelial cell sheets from human iPS cells.
Ryuhei Hayashi et al. Nat Protoc. 2017 Apr; 12(4):683-696.
PMID: 28253236